入居者さまに求められる注意義務 
【窓際のカビは誰のせい?】

賃貸物件の退室確認に伺った際、稀に窓際がカビで酷い状態になっている場面に出くわすことがございます。
大概の原因は「結露や湿気が酷くて…」という、建物側に起因する問題であることが多いのですが、ここで1つご注意頂きたいことがございます。
それは、例えば窓を開けていて、突然降り出した雨が吹き込み濡れてしまった窓枠。
もしくは、結露のしずくが滴り落ちる窓の桟。
そういった状態を、拭き取らずにそのまま放置してしまった場合。
実はこれらのケースでは、入居者さまに求められる注意義務を欠いたためにその結果を生んでしまった、とみなされることがございます。
その注意義務とは、ご自身の所有物であれば好き勝手に使っても誰に責められることもございませんが、大家さんから借りて使っている賃貸物件に対しては、ご自身の所有物以上に注意を払って大切に使わなければならない=善良なる管理者の注意義務というもの。
つまり、自分のせいじゃないからイイや、とカビを放置すると、その放置したことに対して責任が発生する場合があるということでございます。
ほとんどの方が大切にお使い頂いているとは思いますが、その点にはお気をつけ下さいますよう、ハトお願いポー、でございます。