【梅雨の時期には○○○!】新聞紙が活躍します。
新聞紙

梅雨のジメジメとした天気が続いておりますが、この時期特に悩まされるのが湿気対策、でございます。

建物の立地や向きにもよりますが、特に築浅の鉄筋コンクリート造のマンションなどは、(新しければ全てに優れていると思われがちですが)躯体のコンクリートから放出される湿気に悩まされることもしばしば。

そんな時に、思いのほか大活躍するアイテムが、「新聞紙」でございます。

実は、新聞紙は吸湿性に大変優れておりまして、室内の湿気のこもりそうな場所、例えば靴箱やクローゼット、押入れやキッチンシンク下の収納などに敷いておくと、ジメジメした湿気を一生懸命吸い取って頂けるのでございます。

また、結露に悩まされていらっしゃるお部屋では、ご就寝の前に窓に新聞紙を張り付けておきまして、翌朝の充分に露を吸った新聞紙でそのまま窓を拭いて頂ければ、印刷されたインクの効果も手伝って窓をピカピカに保つこともできるのでございます。

ですので、特に梅雨時期の湿気対策にハトおすすめポー♪の新聞紙でございますが、一番の問題は…新聞を定期購読されていらっしゃる方の減少傾向(汗

そもそも新聞を取っていない!と仰る方も、どちらかから新聞を入手して頂いて一度お試し頂ければハト幸いポー♪でございます。