有限会社不動産リサーチ 公式サイト

☆☆☆ 不動産売買・賃貸・仲介・管理・相続・リフォーム ☆☆☆

有限会社不動産リサーチ 公式サイト イメージ画像

YouTube

5
お客様が不動産をお買いになるにあたり、当社に媒介の依頼を頂きお礼を申し上げます。不動産取引媒介に基づき、以下の営業活動を行うことを誓約いたします。1.最近の取引事例と市場動向を基に価格査定を行い、お客様のご希望と条件を考慮して、購入価格を提案いたします。
『営業誓約書・・・購入編』の画像

不動産賃貸管理業務 ⇒まだ高い管理料を払い続けますか!?アパート等の賃貸管理業務を1室:500円〜(アパート入居者管理)から受託致します。ワンコインからのプロの不動産賃貸管理業務です。お気軽にお問い合わせ下さい。不動産賃貸管理は有限会社不動産リサーチへ 須賀川
『まだ高い管理料を払い続けますか!?』の画像

市街化調整区域内の不動産は誰でも(法人も可)購入できますが、都市計画法29条の開発許可を受けていない場合で同法29条2号(農林漁業用の一定の建築物)、3号(公共用の一定の建築物)以外の建築物を建築または用途の変更等をしようとする場合には、同法第43条の許可(同法
『市街化調整区域内の売家』の画像

境界杭を必ず確認!境界のチェックには隣地の土地はもちろん道路との境界確認も大切です。既存宅地では境界が不明になっていることが多いです。境界が不明の場合は周囲の土地の所有者全員の立会いで確定します。土地購入時には、売主さん負担で確定してもらいましょう。そし
『境界杭』の画像

5
競売物件調査承ります!競売物件入札代行⇒有限会社不動産リサーチマイホームを裁判所から購入できます。今現在不動産業者が売主として不動産物件を販売しているものは、そのほとんどが競売物件です。業者が汗を流して、占有者を立退きさせてリフォームをした物件です。だからその
『競売物件入札代行⇒有限会社不動産リサーチ』の画像

5
※ 免責事項当ホームページに掲載されている情報の正確さには万全を期していますが、弊社は利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。また、いかなる場合であっても弊社は、利用者が当ホームページにアクセスしたために被っ
『免責事項・・・有限会社不動産リサーチ』の画像

不動産のご売却について不動産リサーチでは、お客様の大切な資産についての内容を正確かつ迅速に把握の上、適切な査定を行い、お客様のご意向に沿う形で、仲介または買取り/売却価格/売却方法等について最善のご提案をいたします。 ご売却をご依頼いただくことにより、購入
『不動産の売却について』の画像

5
〒962-0861   福島県須賀川市古舘106番地 リバーヒルズ102号有限会社不動産リサーチ代表者:吉田 辰郎 (ヨシタ タツロウ)設立:昭和58年12月15日資本金:300万円事業内容:宅地建物取引業・不動産管理業☆TEL:0248-73-0268   ☆FAX:020-4663-2806営業時間:9:00〜18:
『会社案内(会社概要)・・・有限会社不動産リサーチ』の画像

資産価値とはどのようなものか?簡単に言うと「将来、売ったらどれくらいになるか」で判断することになります。将来市場で「売ったらいくら?」は需要と供給に左右されます。その不動産が将来需要を見込めるか、すなわち買いたい人が多いのか判断する必要があります。将来の
『不動産の資産価値とは・・・』の画像

貸主のメリット・期間が満了すれば必ず契約が終了する・再契約の権利を持っている・不良入居者を排除することで物件の質を高く保てる・他の入居者に迷惑をかけないことができる。デメリット・賃料を割安に設定しなければならない・入居者が決まりにくい可能性がある借主のメ
『定期借家賃貸借契約について』の画像

不動産の売却をスムーズに行うためには、不動産査定から売却、物件の引渡しまでの基本的な流れを知る必要があります。買い替えの場合は、ローンの残債額をきちんと把握した上で、不動産売却にいたるまでの費用や税金の発生するタイミングと金額等を考慮し、資金計画が大切で
『不動産売却の流れについて』の画像

価格査定はなぜ重要であり、その査定を行う必要性があるのか!1.不動産の資産は他の資産に比べて一般にきわめて高額であり、また国民経済の中に占める比重が大きく、国民が有する各種資産の中で最も高額かつ重要な資産であり、その価格の判定には最大の注意が払われるべき
『価格査定の必要性とは』の画像

中古住宅査定の調査項目 不動産会社が訪問して中古住宅の査定価格を算出する査定(実査定、実地査定)では、下記の現地調査が行われます。実査定で調査するのは、室内(リフォームの必要性)、共用部分(マンション)、建物の状態や方位、日当たり、眺望などの立地条件、周辺
『不動産査定の調査項目』の画像

不動産簡易査定とは大雑把な土地・建物の査定価格を知りたい場合に便利な簡易査定です。不動産会社が行う不動産査定には、簡易査定と実地査定の2種類があります。簡易査定とは現地調査はせず、電話やインターネットで依頼された査定(土地・建物)の物件データをもとに、机
『不動産簡易査定とは』の画像

5
個人情報の取扱いについて当社は、今後、お客様との不動産取引に関し、左記書類を必要に応じてご提出頂くことになります。左記書類に記載されたお客様の個人情報は、左記一覧表記載のとおり利用するほか、次の目的で利用致します。 1.不動産の売買、賃貸借、仲介、管理等
『個人情報の取扱いについて』の画像

5
★★★一般媒介・専任媒介契約時の報酬額はこちら ★★★一般に不動産売買媒介(仲介)手数料は売買価格の3%+6万円(税別)   と法定上限で定めれられていますが、当社不動産リサーチは条件付にて下記手数料にて媒介(仲介)致します。条件1.成約価格1,800万円以上
『媒介報酬額・事務手数料について』の画像

5
任意売却の流れ1.不動産会社へ販売価格の査定依頼 売却の意思が決まったら自分の不動産がいくらするかを確かめましょう。知り合いの業者さんがいるのなら、その方にお願いするのが良いと思いますが、 いない場合はお近くの不動産業者数社へと連絡をして「金額によっては売
『不動産任意売却について』の画像

建築条件付き宅地を購入した場合は仲介手数料はいくらなのか?仲介業者によっては土地価格についてだけでなく、建物価格を含めて仲介手数料を請求することがありますが、これははっきり言って間違いです。宅建業法は仲介業務を「宅地や建物の売買、交換を媒介する業務」と定
『建築条件付宅地の仲介料は・・・』の画像

ご依頼人様の大切な不動産を迅速・安全・確実に売却・仲介いたします。有限会社不動産リサーチはこんなところです。★不動産売買・仲介・賃貸管理専門店です。地元密着にて営業しております。★ スタッフが全員数十年以上の不動産売買の知識・経験・Know-Howを所有しておりま
『須賀川市近郊の売地・売家・売マンション・賃貸(管理)物件求む!』の画像

任意売却のメリット□市場価格に近い価格で売却できる。□競売より残債務が少なく債務者と柔軟な処理ができる。□一般の売却と同じ販売活動を行うので近隣にたいして事情を知られない。競売のデメリット□市場価格の3〜4割低い価格で取引される。□任意売却より残債務が多く
『不動産任意売却について』の画像

不動産売買において、本来不動産仲介の世界では、売主・買主は同等の立場です。契約を前にして、「消費者は保護されて当たり前」との甘えた考えは危険です。物件の調査報告など、業者が果たすべき当然の義務について問われる責任は重大ですが、契約の主体はあくまで売り主と
『仲介・・・不動産売買において』の画像

不動産売買決済日には・・・ ① 決済日には、契約の当事者ご本人のご出席をお願いしてます。その際、本人(売主)確認資料として、運転免許証、顔写真の入った身分証明書等をご用意頂いています。② 万一、ご本人が来られない場合は、なるへく早めに教えてもらいます。事前
『決済日には・・・ 不動産売却』の画像

5
不動産エスクロー・サービスとは、 不動産個人間売買 ( 消費者対消費者 ) の応援システムです。 当社の独自業務サービスです。個人間で双方共に売買の合意が出来ている場合に、私たちが間に入り売主、買主が公平に、お気持ちの良いお取引が出来る様に、その取引事務を代行い
『不動産エスクローサービス』の画像

不動産会社は契約の際に重要事項説明書などで詳細について説明するが、それはあくまで物件の取引や法令に基づく制限についての説明。明らかに説明義務の生じるトラブルを説明しなかったり、知っているのに説明しなかった場合を除いて近隣状況についての説明責任はありません
『不動産調査の必要性!』の画像

バイヤーズエージェントサービスバイヤーズエージェントサービスは、買主サイドに立って売買物件を仲介し、売り主及び業者との交渉・折衝を行い、不動産取引を安全・確実にするサポートシステムである。インターネットの発達により、売主、買主の直接取引や買主側業者不在の
『バイヤーズエージェントサービスとは・・・』の画像

不動産をどこで買うか 不動産の市場で新築物件を買う 1戸建ての場合信用ある不動産業者が分譲する物件が望ましいです。最悪の場合でも、土地が残ります。マンションの場合一流の不動産業者分譲する物件が望ましいです。結構、名が通った業者の物件を買ったが、入居時から
『不動産購入』の画像

仲介手数料の内訳って何だかご存知ですか?はじめてマイホームを売買する人にとっては少し難しい質問かもしれません。答えは、情報提供料と物件調査費用です。この情報提供料と物件調査費用が仲介手数料としてお客様に請求されるのです。では今の仲介手数料の額というのは妥
『仲介手数料・・・媒介報酬額』の画像

 借地上の建物を第三者に売却する場合、必然的に土地の賃借権(借地権)が、家屋を売った第三者に譲渡されることになるため、地主の承諾が必要となります(民法612条1項)。 したがって、無断で譲渡した場合には賃貸借契約の解除事由になります(同条2項)。 これに対し、
『借地権付売家』の画像

不動産の広告では、特選、最高、格安、などという表現は禁止されています。なぜならば、不動産というものは1つとして、同じものがなく比較などできるはずがないという考えからです。しかし不動産査定においては、事例比較法を用いているのでいいのではないかと思うのは私だ
『不動産広告』の画像

↑このページのトップヘ