土砂災害は一瞬にして、尊い生命や家屋などの貴重な財産を奪うなど、甚大な被害をもたらします。土砂災害の被害を防ぐためには、一人ひとりが土砂災害から身を守れるように備えておくことが重要です。

土砂災害から身を守るために知っておきたい3つのポイント

(1)住んでいる場所が「土砂災害危険箇所」かどうかを確認する。

 土砂災害発生の恐れのある地区は「土砂災害危険箇所」とされています。福島県のウェブサイト「土砂災害危険箇所について」にある、「福島県河川流域総合情報システム」を活用して、お住いの地域が土砂災害危険個所にあるかを確認しておきましょう。
【福島県河川流域総合情報システム(外部サイトリンク)】外部サイトへのリンク

 また、土砂災害危険個所の中で人家(5戸以上)や公共施設に影響のある場所は、「土砂災害警戒区域」として指定され、地区ごとに詳細な図面が作成されます。
【土砂災害防止法により指定されている土砂災害警戒区域等の指定箇所(外部サイトリンク)】外部サイトへのリンク

(2)雨が降り出したら土砂災害警戒情報に注意する

 雨が降り出したら、「土砂災害警戒情報」に注意しましょう。土砂災害警戒情報は、大雨による土砂災害発生の危険度が高まったときに、市町村長が避難勧告などを発令する際の判断や住民の自主避難の参考となるよう、都道府県と気象庁が共同で発表する防災情報です。テレビやラジオの気象情報でも発表されますので、注意してください。

(3)土砂災害情報が発表されたら早めに避難する

 お住いの地域に土砂災害警戒情報が発表されたら、早めに近くの避難所など、安全な場所に避難しましょう。また、強い雨や長雨のときなどは、市の防災行政無線や広報車による呼びかけにも注意してください。
 お年寄りや要配慮者など避難に時間のかかる人は、移動時間を考えて早めに避難させることが大事です。
 また、土砂災害の多くは木造の1階で被災しています。どうしても避難場所への避難が困難なときは、事前の策として、近くの頑丈な建物の2階以上に緊急避難するか、それも難しい場合は家の中でより安全な場所(がけから離れた部屋や2階など)に避難しましょう。

土砂災害の前兆現象にも注意

 土砂災害には、「がけ崩れ」「地すべり」「土石流」の3つの種類があり、これらが発生するときには、何らかの前兆現象が現れることがあります。下に挙げたものは、主な前兆現象です。こうした前兆現象に気づいたら、周囲の人にも知らせ、いち早く安全な場所に避難することが大事です。

土砂災害現象

市から発表される避難情報の種類と避難行動

避難準備

  • 家族などとの連絡、非常持ち出し袋の用意など、避難準備を始めてください。
  • 高齢者や障がい者の方など、避難に時間がかかる人は指定の避難所に避難を開始してください。

避難勧告

  • 指定された避難場所などへ避難を開始してください。

避難指示

  • ただちに避難を行ってください。

避難情報のお知らせ方法

お知らせ方法
お問合せ
生活環境部 生活課
所在地/〒962-8601 須賀川市八幡町135
生活安全係
電話番号/ 0248-88-9128 FAX/ 0248-73-4160
消防防災係
電話番号/ 0248-88-9133 FAX/ 0248-73-4160
市民協働推進係
電話番号/ 0248-88-9131 FAX/ 0248-73-4160
市民相談室
電話番号/ 0248-88-9132 FAX/ 0248-73-4160