大家さんを悩ませる入居者との金銭トラブル
預り敷金は返す必要はありません。
賃貸借契約と当社ノウハウでトラブル回避を教えます。
お気軽にご相談ください。不動産賃貸管理のご相談は当社まで。
不動産売却・賃貸
「少額訴訟」とは

・請求できる金額は現金のみ
・請求金額は最大60万円まで
(訴額は平成16年4月1日に30万円→60万円に変更されました)
・原則的に1日で審理を済ます
・同一裁判所には年10回まで訴訟を起こすことができる

というもの。裁判に行って口頭弁論で審理が終わり、ただちに判決が出るものなのです。複雑な事案や複数の証人が必要な案件は少額訴訟に向かないのですが、敷金返還請求や賃料・管理費などの請求、また交通事故による損害補償などの裁判に向きます。

書類は簡易裁判所に定型フォームがあり、そこに書き込めばいいようになっているので、弁護士などに依頼する必要はありません。訴状の提出先は、相手の住所地の簡易裁判所です。須賀川市在住ですと郡山の簡易裁判所になります。

実際に少額訴訟がどのくらい簡単にできるのか裁判所にいって書類を書いて申請してみましたが、申請書類も例にならって書けば素人でも書けますね。
少額訴訟

須賀川市、鏡石町の土地、一戸建の売却・賃貸・仲介・管理 は お任せください。 

    ■図面等と現況が相違する場合は現況優先とさせていただきます。 
    ※掲載不動産物件情報が成約済の際はご容赦ください。
    不動産のことであなたに何かお困りのことがあれば、何なりとご相談ください。無料相談
    お問合せフォーム
    有限会社不動産リサーチ
    TEL:0248-73-0268 
    FAX:020-4663-2806
    http://e2103.ldblog.jp/
    e2103@live.jp
    業務内容:不動産売買・賃貸・仲介・管理・相続・リフォーム
    営業時間:9:00〜18:00
    定休日:毎週水曜日・祝日
    事務所で相談ご希望の方は、必ず事前に電話かメールでご予約をお願いします。