有限会社不動産リサーチの不動産無料査定依頼書
無料FAX査定書

無料FAX査定書
不動産無料査定フォーム

FAX査定書

成約済みの際はご容赦ください。図面と現況が相違の場合は現況を優先致します。
不動産のことであなたに何かお困りのことがあれば、何なりとご相談ください。無料相談

お問合せフォーム
有限会社不動産リサーチ
TEL:0248-73-0268 
FAX:020-4663-2806
http://e2103.ldblog.jp/
e2103@live.jp
★★業務内容:不動産売買・賃貸・仲介・管理・相続・リフォーム★★
営業時間:9:00〜18:00
定休日:毎週水曜日・祝日、年末年始
事務所で相談ご希望の方は、必ず事前に電話かメールでご予約をお願いします。
 

 ◎不動産売却の秘訣◎

・その1.売主の想いの伝わる不動産販売図面を作らせる

不動産売却が成功するかしないかは、半分は不動産の販売図面にかかっているといってもいいでしょう。

なぜならほとんどのお客さんは、これを見てから現地の売物件に行くか考えるからです。

そして何より、物件担当者からの情報で動く、その他大勢の営業マンも同様なのです。

毎日流通する全ての不動産の現地を見るのは大変なので、ほとんどの営業マンは情報元が作成した図面を見て判断し、現地を見るより先にお客さんへ紹介するのです。

その時の図面の良し悪しで、営業マンの紹介の仕方も変わりますし、図面を見たお客さんも現地を見る気になるか決まります。

・その2.土地・住宅の魅力を引き出させる

ほとんどの不動産査定は、近隣の取り引き事例(成約事例)で決まります。

だからと言ってその価格でしか売れないかと言ったら、そんなことはありません。

時間をかければ、大体は相場(時価)で売れます。どの不動産業者に頼んでもほぼ同じでしょう。

不動産簡易査定で高く査定してくれた業者が高く売れるわけではありません。

いくらで売るか決めるのは、あくまで売主のあなた本人です。

少しでも不動産を高く売るには、魅力や個性を演出しないといけません。

土地・住宅の良さを理解し、引き出してくれる担当者に出会えるかで勝負は決まります。

・その3.情報に振り回されない

業者に専任媒介で任せるのが一つの方法です。

しかし、ココで注意。

任せたところから入る複数の情報を選んだり、信憑性を判断するのは、売主本人のあなたなのです。

どんなに良い条件で買いたいと言われても、準備不足の買い手に付き合わされると、売り手としては販売の機会損失につながります。

この損失は計り知れません。

住宅ローンは大丈夫か、買い替えではないか、取引相手として大丈夫か等々、チェックすることは意外と多いものです。

情報の交通整理が何よりも大事なのです。

・その4.信頼できる担当者を選ぶ

業者選びとして、たくさんの買い手を抱えているのも大事なことですが、今はレインズやインターネットを活用した方が、募集の間口はグンと広がります。

会社の規模や場所は、今となってはあまり意味がありません。

それより上記の3点を踏まえて、すべての手続きを包み隠さず報告してくれて、誠実にこなしてくれる担当者を選ぶべきです。

そんな担当者が見つかれば、何社にも頼む必要もなく専任で任せれば、交通整理された情報を元に報告してくれるので、安心して任せられます。

あとは良い結果を待つだけです。

担当者選びの分かりやすい指針として、その人が作ったこれまでの販売図面を見せてもらうことです。

売り込みの熱意と取り扱いの姿勢がよく読み取れます。

・その5.展示場やモデルハウスに学ぶ

新築のモデルハウスは、たくさんの工夫がしてあります。

少しでも広く見せよう、少しでも綺麗に見せよう、少しでもおしゃれに見せよう・・・。

学ぶことは多いです。

特に第一印象を決める玄関とリビングには気を配りましょう。

明るい照明とお花だけでも、かなり印象は違うものです。

お金をかけて直す必要はありません。

水周りは、行き届いた掃除を。突き当たりの廊下等も。匂いがあれば十分な消臭をそしてポイントはガラス面です。鏡や窓ガラスには意外と水垢が蓄積しています。

これを取り除くだけでも驚くほど見違えるんですよ。ピカピカです。

水垢洗浄が得意なハウスクリーニング業者にやらせるのも手ですね。

・その6.特に買い替えは見切り発車しない

買い替えの場合は、資金計画や日程調整などちょっと複雑な部分があります。

これをクリアにしておかずに、手続きをどんどん進めていくとかなりの遠回りをしたり、取り返しのつかないことにもなります。

売りが先か買いが先かなど、特徴をよくよく把握して進めましょう。

人によってパターンがいろいろですので、一番良い方法をよく確認してください。

めんどくさそうですが、買い替えは成功すれば、これほど楽しく有意義なものはありません。

・その7.売主たる自覚を持つ

売却するのに仲介業者に依頼することから、ついついお客さん気分になりがちですが、そうではなく売る側として買主の立場になってあげることです。

「こうなってた方が買う人はうれしいよね」「買ってよかったって言われたいな」「少しでも気持ちの良い取引になるように」などなど、そういった気持ちで売却に臨むことです。

そうすれば必ずうまくいきます。

売主様へ:不動産無料査定依頼時必要記入項目(メール等に貼り付けて当社へご送信ください。)
 
ご所有の不動産   口土地  ロー戸建住宅  ロマンシヨン  ロその他(    )    

物件所在地   
土地面積等    :             (        坪)  地 目:    
建物延床面積等:                  (         坪)  間取り :
建 築    :          年     月     日  家屋番号:    

マンシヨンの方 マンシヨン名:          部屋番号:      間取り:   
マンシヨンの方 専有面積:      屐福       坪)バルコニー::    
建 築    :          年   月    日(        坪)    
売却予定時期    : 口早急 口3ヵ月後位 口半年後位 口1年後位 口その他(     )    
売却希望価格    :       万円     土地坪単価    万円    
   ご連絡先    
 ご住所 :    
   フリガナ:
   お名前                                                    年齢      歳    
 お電話 : (      )     ー 
 F A X   :FAX希望の方(      )      ー    
 E-mail アドレス:メール希望の方          @    
 希望連絡方法 : 口電話  口FAX  ロメール ロ郵送

売却物件大募集