抵当権がいっぱいある場合

抵当権とは他に債務がある場合にその不動産を担保としている場合に設定される他人の権利です。
したがって、土地を売る場合には抵当権を事前に外しておく必要があります。
一般的に住宅をローンで買った場合は、抵当権は借りた銀行(金融機関)によって設定されています。したがって、その銀行(金融機関)に内緒で売却することはできません。
そういう時は抵当権を設定している銀行に相談すれば、売却完了と同時に抵当権を外すことができることもあります(同時抹消)。通常は、最終代金の支払期日までに抵当権は取り除かなければなりません。
融資残額が時価額を上回っていれば不動産任意売却で処理できます。
有限会社不動産リサーチは不動産任意売却のエキスパートです。

お気軽にご相談ください。
頑張っている企業
■図面等と現況が相違する場合は現況優先とさせていただきます
※成約済の際はご容赦ください。
不動産のことであなたに何かお困りのことがあれば、何なりとご相談ください。無料相談
お問合せフォーム
有限会社不動産リサーチ
TEL:0248-73-0268 
FAX:020-4663-2806
http://e2103.ldblog.jp/
e2103@live.jp
★★業務内容:不動産売買・賃貸・仲介・管理・相続・リフォーム★★
営業時間:9:00〜18:00
定休日:毎週水曜日・祝日
事務所で相談ご希望の方は、必ず事前に電話かメールでご予約をお願いします。
会員之章(証)