仲介手数料の内訳って何だかご存知ですか?
はじめてマイホームを売買する人にとっては少し難しい質問かもし
れません。答えは、情報提供料と物件調査費用です。


この情報提供料と物件調査費用が仲介手数料としてお客様に請求さ
れるのです。では今の仲介手数料の額というのは妥当な金額なので
しょうか?


今までは当然のように売買価格に対して3%プラス6万円を支払わ
されてきました。いい機会ですので一度、検証してみましょう。


まず物件の調査費用ですがこれに関しては安心して取引ができるよ
う素人の売主さん、買主さんに代わって不動産の権利関係などを調
べる費用です。一番重要な部分ですのでなくてはならない費用です。


それでは情報提供料に関してはどうでしょう?


情報提供料は大きくわけて2つにわかれます。


ひとつは情報の価値に対する費用です。自分の思い通りの物件を紹
介してもらったとか納得できる物件を紹介してもらったという不動
産情報の質の部分です。


もうひとつは情報を受発信するために必要な経費の部分です。
チラシや営業マンにかかる費用の部分です。


これらをすべてひっくるめた金額が仲介手数料となってお客様に負
担いただいているのです。そこで考えていただきたいのがこの金額
の妥当性です。


物件の調査に関わる費用に関しては異論のある人は少ないでしょう。
ただ、情報の価値や経費については納得いかない人もいるのではな
いでしょうか?


自分がどうしても欲しい不動産情報をある不動産会社だけしか持っ
ていなかったとしたら…その不動産会社には喜んで3%プラス6万円
という仲介手数料が払えます。いやそれ以上払っても惜しくないか
もしれません。


しかしチラシなどの経費に関しては疑問です。不動産情報の受発信
をチラシに頼っている売主さんや買主さんは情報の受発信に多額の
経費がかかります。ですから今までどおり仲介手数料を払っていた
だく必要があります。


インターネットを使って積極的に情報収集する人と、
何もしないでチラシが届くのを待っている人。


どちらを選ぶかは自由です。
ただどちらも同じ仲介手数料を支払わされるのはどうでしょう?
物件を探す努力の程度に応じて仲介手数料にも違いがあっていいよ
うに思うのですが…


      須賀川市、鏡石町の土地、一戸建の売却・賃貸・仲介・管理 は お任せください。 
    ■図面等と現況が相違する場合は現況優先とさせていただきます。 
    ※掲載不動産物件情報が成約済の際はご容赦ください。
    不動産のことであなたに何かお困りのことがあれば、何なりとご相談ください。無料相談
    お問合せフォーム
    有限会社不動産リサーチ
    TEL:0248-73-0268 
    FAX:020-4663-2806
    http://e2103.ldblog.jp/
    e2103@live.jp
    業務内容:不動産売買・賃貸・仲介・管理・相続・リフォーム
    営業時間:9:00〜18:00
    定休日:毎週水曜日・祝日
    事務所で相談ご希望の方は、必ず事前に電話かメールでご予約をお願いします。
    掲載物件の情報・空室・内覧などに関するお問合せはメールにてお問合せ下さい。