有限会社不動産リサーチ 公式サイト

☆☆☆ 不動産売買・賃貸・仲介・管理・相続・リフォーム ☆☆☆

有限会社不動産リサーチ 公式サイト イメージ画像

更新情報

 とにかく物件情報を見てみたい。そう思ったらまず思いつくのが本屋さんやコンビニで売ってる賃貸情報誌ですね。でもこれって結構買うのがもったいないような気もしますが、それはいいとして! 不動産会社さんによっては店頭に情報誌が無料配布されている場合もあります。
『物件の探し方は・・・』の画像

・マイナスの印象を与えないようにする!不動産会社も客商売ですから、好ましい客と好ましくない客がいます。自分が好ましくない客だと思われないように気をつけて行く事が大事です。 もし自分が不動産会社の社員なら、汚い・恐い・だらしない・優柔不断・条件が決まっていな
『不動産会社に遊びに行こう!?』の画像

5
一般に不動産売買仲介手数料は・・・売買価格の3%+6万円(税別)と慣習で定められていますが、弊社は下記手数料にて媒介(仲介)致します。◆不動産リサーチ会員様仲介手数料不動産売却 なら 1.5%+3万円(税別)正規の約50%off■一般的な手数料2,000万円×
『不動産売買媒介手数料』の画像

不動産売買契約後のトラブルで一番多いのが、「言った、言わない」の問題がありますね! 何故このようなことが起こるのでしょう?。 原因は三つあります。 一つは、立場による受取り方の違いや解釈の違いやまたは知識不足です。 売主・買主・業者それぞれの立場の人間が、も
『約束事は書面に残す。』の画像

不動産会社は契約の際に重要事項説明書などで詳細について説明するが、それはあくまで物件の取引や法令に基づく制限についての説明。明らかに説明義務の生じるトラブルを説明しなかったり、知っているのに説明しなかった場合を除いて近隣状況についての説明責任はありません
『不動産調査の必要性!』の画像

あなたは遺言書を書かなくても大丈夫!?ご相談は無料です。トラブルを未然に防ぐために。1. 事業を子どもの一人に承継させたい2. 相続人同士で争わないようにしたい3. 障害を持った子供に厚く分配したい4. 子供や両親がいないため妻に全財産を相続させたい5.
『相続・遺言サポート士業の会事務局 無料相談窓口』の画像

境界確定契約書 後記物件目録第1に記載の土地(以下「A地」という)の所有者    を甲、同第2記載の土地(以下「B地」という)の所有者    を乙とし、甲乙各当事者間において次の通り和解し、A地B地間境界を確定した。(甲乙間の土地の境界)第1条  甲と乙
『境界確定には・・・』の画像

住宅を購入するとは一般的にはお金を払って「所有権」を取得する、ことを意味します。 所有権とは簡単にいうと、使用(住む)、収益(貸す)、処分(売る)という3つの行為を自由に行うことができる権利です。当たり前の話ですが、住宅を購入した人は自由にその家を使う(住
『所有権・・・』の画像

居住用財産を譲渡 (売却) した場合の特例 所有期間適用される特例譲渡による利益あり10年超買換える特定の居住用財産の買換えの特例 または相続等により取得した居住用財産の買換えの特例買換えない(買換え特例を使わない)3,000万円の特別控除 & 軽減税率の特例5年を
『居住用財産の売却・・・有限会社不動産リサーチ』の画像

バイヤーズエージェントサービスバイヤーズエージェントサービスは、買主サイドに立って売買物件を仲介し、売り主及び業者との交渉・折衝を行い、不動産取引を安全・確実にするサポートシステムである。インターネットの発達により、売主、買主の直接取引や買主側業者不在の
『バイヤーズエージェントサービスとは・・・』の画像

「宅地建物取引士」といえば、不動産関連の国家資格として有名です。じゃ、持ってる人はえらいかというとそんなことはぜんぜんありません。ないよりはあっても邪魔にならない程度です。 宅地建物取引士には主に2つの独占業務があります。「重要事項説明書の交付とその説明
『宅地建物取引士・(宅地建物取引主任者)』の画像

「少額訴訟」とは・請求できる金額は現金のみ・請求金額は最大60万円まで(訴額は平成16年4月1日に30万円→60万円に変更されました)・原則的に1日で審理を済ます・同一裁判所には年10回まで訴訟を起こすことができるというもの。裁判に行って口頭弁論で審理が終わり、ただち
『敷金トラブルには・・・』の画像

(現状有姿/現況有姿)よく不動産取引で、特に中古不動産の売買契約書中に「現状有姿」、「現況有姿」、「現状有姿のまま」、「現状有姿にて引き渡す」等の文言が記載されることがあります。実際、私も実務でよく使います!その意味、具体的な内容については不動産業界でも定
『不動産売買の現状有姿とは・・・』の画像

建物明渡契約書貸主     (以下、貸主と言う)と、借主     (以下、借主と言う)は、後記建物につき次の通り明渡契約を締結する。第1条貸主と借主とは、後記物件目録記載の建物(以下本件建物と言う)を目的とする賃貸借契約を、本日、合意解除する。第2条貸主
『建物明渡契約書』の画像

不動産をどこで買うか 不動産の市場で新築物件を買う 1戸建ての場合信用ある不動産業者が分譲する物件が望ましいです。最悪の場合でも、土地が残ります。マンションの場合一流の不動産業者分譲する物件が望ましいです。結構、名が通った業者の物件を買ったが、入居時から
『不動産購入』の画像

不動産会社の営業マンにきちんと要望を伝え買主側の気持ちを真剣にわかってもらうことが大事です。でも無理な要望は最初から相手にされませんから注意しましょう。現実離れの物件探しは時間のムダです。自分の物件に対する希望条件を再確認しましょう。下記のような条件例を
『いい土地探しは・・・』の画像

仲介手数料の内訳って何だかご存知ですか?はじめてマイホームを売買する人にとっては少し難しい質問かもしれません。答えは、情報提供料と物件調査費用です。この情報提供料と物件調査費用が仲介手数料としてお客様に請求されるのです。では今の仲介手数料の額というのは妥
『仲介手数料・・・媒介報酬額』の画像

↑このページのトップヘ