有限会社不動産リサーチ 公式サイト

☆☆☆ 不動産売買・賃貸・仲介・管理・相続・リフォーム ☆☆☆

有限会社不動産リサーチ 公式サイト イメージ画像

更新情報

売地須賀川市岡東町 地内面積 297㎡(89.84坪)権利 所有権私道負担 無し地目 登記簿 田     現況 宅地接面道路 公道 幅員北側 6m 、舗装有用途地域 第1種住居地域 建ペイ率 60% 容積率 200%施設 ガスLP個別、上水道、下水道、東北電力現況
『不動産取引事例 売地 須賀川市岡東町 土地89坪 』の画像

5
遺言は、自分の財産を、その死後にどのように処分するかを予め決めておく制度です。本人の自由意思によってどのように処分してもかまわないわけです。したがって、極端な場合には、全財産を妻子にやらないで、自分の好きな特定の人に遺贈するという遺言もありえます。しかし
『遺言と遺留分』の画像

遺言の取消および変更遺言者は、いつでもその遺言を取り消したり、変更したりすることができます。遺言をしたあとで遺言者をめぐる周囲の事情や、遺言者の心境にいろいろ変化があることは当然ですそのような場合には、先にした遺言を自由に取り消したり、変更したりすること
『遺言の取消および変更』の画像

この遺言の方式は、遺言の文面を書いた書面に署名押印し、これを封筒に入れて密閉し、遺言書に押した印と同じ印で封印しておけばいいです。その内容は、他人に書いてもらってもいいし、ワープロをしようしても良いです。署名だけは自分で書かなければいけません。遺言者はそ
『秘密証書遺言』の画像

自筆証書の場合は、遺言者が内容全文と日付をすべて自分で書き、署名押印すればいいです。字が書ける人ならば誰にもできますから。ワープロ、他人の代筆(たとえ本人の署名押印があっても)すべて無効です。自筆証書遺言の場合は、遺言者の死亡後、遺言書の保管者、発見者は
『自筆遺言証書』の画像

5
遺言の執行とは、遺言者が死亡して、遺言の効力が生じたあとに遺言の内容をその通り実行することです。遺言執行者は① 遺言で指定された者あるいは② 家庭裁判所により選任された者がなります。遺言によって遺産をもらう人も執行者になることができます相続人が数人いる場
『遺言の執行について』の画像

売地:住宅用地 面積:411.73㎡(124.54坪)所在:本宮市糠沢字光が丘 権利:所有権私道負担:無地目:登記簿 宅地 現況 宅地接面道路:公道幅員北側16m、南側6m 舗装 有用途地域:第2種中高層扱い 建ペイ率:60% 容積率:200%施設:LPガ
『不動産取引事例 売地 本宮市糠沢字光が丘 土地124坪 』の画像

売家 一部リフォーム渡し所在: 須賀川市鉾衝字岡ノ内 間取:7DK+倉庫 土地:867.46㎡(262.40坪)  権利:所有権  地目:宅地建物:207.02㎡(62.62坪)構造:木造瓦葺平家建  築年月: 昭和55年4月用途地域: 無指定     都市計画区域外接面道路: 公道東側 
『不動産取引事例 売家 須賀川市桙衝字岡の内 建物62坪』の画像

公正証書遺言には、必ず2人以上の証人に立ちあってもらわなければ、なりません。証人は未成年者以外であれば、誰でもいいですが、遺言内容と利害関係の深い人はダメです。遺言者の第1位の推定相続人および受遺者ならびにそれらの者の配偶者と直系血族は証人にはなれません
『証人というのは』の画像

有限会社不動産リサーチ 相続・遺言サポート士業の会事務局(有限会社不動産リサーチ内)無料相談窓口 電話0248−73−0268■専門家のご紹介弁護士・不動産鑑定士・税理士・司法書士など相続の専門家を無料紹介お気軽にお問合せください。須賀川市、鏡石町の土
『リアルパートナー 2011 7月・8月号』の画像

公証人に公正証書遺言の作成を頼む際は、予め必要なものは1.本人の印鑑登録証明書2.本人の実印3.証人2名の住民票、認め印4.財産をもらう人が相続人の場合は戸籍謄本および住民票、その他の場合は住民票5.遺産の内容が土地、家屋であるときは、その権利書(登記簿
『公正証書遺言の作成』の画像

法律は、遺言について厳格な方式を定めておりますが、同時になるべく遺言しやすいように、普通の場合の方式としては1.公正証書による遺言2.自筆証書による遺言3.秘密証書による遺言このほかに特別なものとしては1.普通の場合の臨終遺言2.伝染病で隔離された場所に
『遺言の方式』の画像

遺言は、満15歳以上のものであれば、誰でも自由に遺言をすることができます。そして、相続人以外の個人、法人、協会、団体等に対して、遺産を贈与したりできるなど、多様な機能を持ってます。法定相続では、相続人が各自自分の良い主張をしがちです。話合いのつきにくいこ
『遺言はだれでも』の画像

(1)夫婦の間に子供がいない場合夫婦間に子供がなく、遺産の全てを永年連れ添った妻に相続させたいときは、遺言が必要です。でなければ相続人が妻と兄弟姉妹の場合は、妻は3/4で、残り1/4は兄弟姉妹が相続することになります。(2)先妻の子供と後妻がいる場合先妻の子供
『遺言が必要な場合』の画像

遺言の件数が増えてきているみたいです。生きた証として遺言なんかいいかも知れませんね。私は不動産に携わっているので財産のメインをどうしても、まだ不動産が4割ぐらいは占めているとの認識をしています。戦前のわが国では、長男が全財産を1人で相続していました。専業
『遺言について』の画像

↑このページのトップヘ