有限会社不動産リサーチ 公式サイト

☆☆☆ 不動産売買・賃貸・仲介・管理・相続・リフォーム ☆☆☆

有限会社不動産リサーチ 公式サイト イメージ画像

更新情報

あなたのご近所でも、新築して数年なのにもう引越し。いつの日からか、突然違う家族が住んでいたといったことはありませんか?私は業界に長くいるのでよく分かります。これらの人は住宅ローンの返済ができずに競売にかかってしまった家です。新居で楽しい生活が始まると思っ
『家で失敗する人』の画像

5
広告に表示してある価格が見積もり時に大きく変わる。これは住宅業界の常識です。坪単価25万円の家、40坪なら1000万円、これが契約する時には1350万円。坪単価50万円の家、40坪で2000万円、これが契約する時には2500万円。当たり前のようにこうなり
『住宅の価格』の画像

どんな人が狙われやすいのでしょうか?1、家づくりをよく勉強し「自分だけはだまされない」と思っている人2、他の住宅会社を知らない人3、アパート住まいで土地と一戸建てのことをよく知らない人4、お得感に弱い奥様がいる人5、モデルハウスに心酔している方これらの当
『建築会社が狙っているお客さん』の画像

自己破産とは、債務者が多額の借金や保証人などになったために経済的に破綻してしまい、自分の所有資産では全ての債権者に対して完全に弁済することができなくなった場合に最低限の生活用品などを除いた全ての財産を換価して、全債権者にその債権額に応じて公平に弁済するこ
『自己破産(住宅ローン等の支払い不能にも)』の画像

土地は高価な資産です。後々まで影響するトラブルに土地の境界線があります。自分の土地と隣地の境界がどこにあるのか?境界で揉めることは少なくありません。お隣の外構のブロック塀やフェンスなどが、自分の土地に越境していても、何十年もそのまま放置すると正しい境界の
『土地境界トラブル』の画像

住宅購入において最も大事なこと、それが何だか知っていますか?それは現場見学会に参加する、ということなんです。なぜでしょうか?それはやはり現場では嘘がつけないからです。その住宅会社を正しく見極めるためには、現場見学会に参加することが非常に重要になってきます
『現場見学会』の画像

市街化調整区域内の不動産は誰でも(法人も可)購入できますが、都市計画法29条の開発許可を受けていない場合で同法29条2号(農林漁業用の一定の建築物)、3号(公共用の一定の建築物)以外の建築物を建築または用途の変更等をしようとする場合には、同法第43条の許可(同法
『市街化調整区域内の売家』の画像

1.現場見学会に貸す現場見学会は、建築会社ならどこでもやっています。なぜ、なくてはならない行事かというと、ここで披露する行事を見て、多くのお客様がいい住宅会社か?それとも任せるのにふさわしくない建築会社かを確認するために発表の場だからです。家を安く手に入
『少しでも安く家を手に入れるには』の画像

いろんな不動産会社があります。契約至上主義、取引の相手方の言いなりで役にたたない、やたらと契約を急ぐ、買主の希望を完全に無視する、社員の定着率が悪い、同じ会社だが別の営業マンから勧誘される、広告に申込みを焦らすような表現をつかっている、物件の資料等を簡略
『不動産会社のいろいろ』の画像

売地   住宅用地向け所在:須賀川市坂の上町 地内土地:198.35㎡(60坪)地目:登記簿、宅地 現況 宅地権利:所有権道路:公道東側幅員6m用途地域:第1種低層住居専用地域建ペイ率40% 容積率 60%上下水道 ・LPガス ・ 東北電力・ 側溝現況:更地引渡し:即可 
『不動産取引事例 売地 須賀川市坂の上町 土地60坪 』の画像

建築基準法建物を建築する場合には、役所に建築確認の申請をしなければなりません。これには建築される家の概要が記載されています。(都市計画区域外は除く)そして同法第1条は、「最低の基準」と書いてあります。ですから、基準法に値しない家はダメな家ということになり
『建築基準法』の画像

売主様へ売却物件求む!仲介手数料定額 "期間限定" 売却キャンペーンに付、仲介手数料を一律21万円(税込)にてお受け致します。媒介契約は専属専任媒介契約にてお願いいたします。売買価格に関わりなく定額制なので高額物件になるほどお得なシステムです。※売買価格は500万円以
『売買仲介手数料』の画像

境界杭を必ず確認!境界のチェックには隣地の土地はもちろん道路との境界確認も大切です。既存宅地では境界が不明になっていることが多いです。境界が不明の場合は周囲の土地の所有者全員の立会いで確定します。土地購入時には、売主さん負担で確定してもらいましょう。そし
『境界杭』の画像

不動産売買に伴って、購入する前には売主から物件の情報開示書をもらいましょう。敷地状況の告知・建物状況の告知・当該敷地の設備利用状況の告知などです。物理的・精神的瑕疵物件でないことも記入してもらってください。しかし、この情報は開示を目的として提供されるもの
『売主の情報開示書』の画像

その不動産が存在する地域の管轄の法務局あるいはその主張所で対象不動産の登記簿の取得または、閲覧ができます。登記簿には不動産の物理的状況、所有権に関する事項、所有権以外の事項が記載されます。●表題部: 不動産の物理的概要を記している。所在・地番・地目・地積
『全部事項証明書』の画像

↑このページのトップヘ