有限会社不動産リサーチ 公式サイト

☆☆☆ 不動産売買・賃貸・仲介・管理・相続・リフォーム ☆☆☆

有限会社不動産リサーチ 公式サイト イメージ画像

更新情報

土地 福島県須賀川市西川字西田面積 301.72㎡(91.27坪)地目 登記簿 宅地 現況 宅地権利 所有権 接面道路 公道幅員南側4m、西側6m、北側6m用途地域 第1種低層住居専用地域建ペイ率 40% 容積率60%施設 LP個別 須賀川市水道 下水道 
『不動産取引事例 土地91坪 福島県須賀川市西川字西田』の画像

売地 所在:福島県須賀川市館取町面積 215.28㎡(65.12坪)権利 所有権 私道負担 無地目 宅地 現況 宅地接面道路 公道北側幅員6m用途地域 第1種住居地域建ペイ率 60% 容積率 200%施設 須賀川市水道 下水道 LP個別 東北電力現況 更地
『土地取引事例  土地65坪 福島県須賀川市館取町』の画像

今日は大事な話です。資金計画についてお話します。お金の話をするのは少し気がひけることもあります。しかし騙されないためにも、大切な予算の話をきちんとする必要があるのです。敷地調査やプランニングばかりを先走り、資金計画を後回しにする会社は、あなたのことを本当
『資金計画・・・住宅購入時には 福島県須賀川市』の画像

売地面積 260.48㎡(78.79坪)福島県岩瀬郡天栄村飯豊春日山権利 所有権私道負担 無し地目 登記簿 宅地 現況 宅地接面道路 公道 幅員東側6m 舗装有り用途地域 無指定地域 建ペイ率 % 容積率  %都市計画外 施設 LP個別 天栄村水道 浄化槽 
『土地取引事例 土地78坪 福島県岩瀬郡天栄村大字飯豊』の画像

家を買うなら、誰でも自己資金を準備しています。今は100%ローンを使えば頭金無しでも買える時代ですが、住宅ローンの中には物件価格の20%は自分で資金を準備する必要があるものがあります。 この2割にはある意味があります。ローンを無理なく返済するには、それだ
『自己資金』の画像

不動産業者の仲介手数料は、国土交通省の告知によって「売買価格の3%+6万円」と定められている。ただしこの場合は、400万円以上の売買での簡易計算法である。(税別)これより低い400万円未満の不動産売買の場合は、手数料のパーセンテージは高くなります。ところ
『仲介手数料』の画像

宅地建物取引業を複数の都道府県にまたがって、営業するのであれば国土交通大臣の免許、単体なら県知事免許が必要です。 この違いは営業エリアの広さですが、エリアの広さだけでは信頼度を評価することはできません。 免許更新は5年に1度です。免許番号の前のカッコの数
『宅建免許証』の画像

不動産リサーチチラシの物件概要についてのポイントは、価格・面積・交通・取引態様です。取引態様は広告主が売主か、仲介なのかを示しています。また販売代理というものも有り、これは売主に代わって、不動産を売ることです。通常は仲介手数料はかかりません。これに対して
『広告の見方』の画像

不動産の広告では、特選、最高、格安、などという表現は禁止されています。なぜならば、不動産というものは1つとして、同じものがなく比較などできるはずがないという考えからです。しかし不動産査定においては、事例比較法を用いているのでいいのではないかと思うのは私だ
『不動産広告』の画像

例 固定資産課税台帳の価格が5,125,300円の土地と、3,246,600円の建物を相続する登記の場合     「課税標準」(固定資産課税台帳の価格)(土地)              (建物)        (1,000円未満切捨)5,125,300
『登録免許税の計算例』の画像

住宅は安くなったといえ、今も高額商品のひとつです。そこで簡単に中古の利点や欠点をまとめます。価格は、新築より2割以上安くなっている。住まいのゆとりさは立地によっては安価の場合がある。立地のよさでは利便性の良いところが売りに出されることがある。機能性は良くな
『中古のメリット・デメリット』の画像

中古住宅のローンでは公的融資と民間ローンでは全く違います。公庫住宅融資は物件の築年数と公庫の定める基準によって、融資の可否、金利、返済期間が決まります。一般的には厳しい条件を定めています。 民間ローンは基本的に建築基準法などの法的基準をクリアしていればok
『住宅ローン』の画像

マイホームの購入が有利な要因として、考えてみると低金利があります。現在の2%台の金利は超低金利かなぁと思います。 ローンの借り入れ限度額は、年収に占める返済額の割合よって制限されるので、毎月の返済額が少なければ、多く借りられることになります。 低金利の魅
『住宅ローン』の画像

不動産の一定金額以上の売買契約書には印紙を貼付しなければなりません。今現在、印紙税の軽減措置が講じられています。 (例) 1000万円〜5000万円以下売買金額の場合・・・2万円→1万5千円となります。なお、この軽減措置はローン契約には適用されません。 また、印紙税
『印紙税』の画像

新築と中古では税金面での差はありません。ただ中古住宅は、購入時の登録免許税の特典が築年数によって対象外ということがあります。中古の場合は築年数20年以内(耐火構造は25年以内)の居住用は所有権移転登記の税率は固定資産評価額の0.3%になります。不動産取得税の
『中古住宅と新築住宅の税制の違いは』の画像

中古住宅の場合で、一般に個人間売買には保証期間が設定されていないことがほとんどです。業者物件でも2年程度の期間がほとんどです。この点で、10年間保証される新築住宅とは大きく違います。しかしこうした状況に対応するために、中古住宅に対しても保証を行う(財)住宅
『中古住宅の保証を公的機関で・・・』の画像

購入後にどうしてもリフォームしていない中古住宅は維持費が、余分にかかります。中古住宅の場合、自然劣化については販売価格等に反映済みですが、築年数がたっている物件は、どうしてもそれ相応に修繕費がかさみます。新築住宅の修繕費は当初の数年間は0円なのに、中古の
『中古住宅の維持費・・・』の画像

↑このページのトップヘ